ラム酒たっぷり。フルーツパウンドケーキ

パウンドケーキって結構いいお値段しますよね。好きなドライフルーツをたっぷり入れたフルーツケーキも家で焼きます!フランスの有名料理学校のレシピでは、少々バターが多いので家のオーブンでは難しく感じます。溶け出たバターで焦けの匂いがつきやすいため、火加減が難しいです。家のオーブンでも失敗しないレシピを作りました。アーモンドプードルを加え、バターを減らしてもしっとりするレシピです。何度も調整したので、1回目でも美味しく焼けると思います。

目次

道具の用意

パウンドケーキ型2台(冷凍も出来るので、洗い物の事を考えて2台一緒に焼いています)

パウンド型を含め、製菓の道具は殆ど、浅草 河童橋の馬嶋屋菓子道具展お勧め品!!10年使用しても未だに新品同様の日本製など、信頼できる商品を取り揃えています。

パウンド型を含め、製菓の道具は殆ど、浅草 河童橋の馬嶋屋菓子道具展お勧め品!!10年使用しても未だに新品同様の日本製など、信頼できる商品を取り揃えています。

クッキングシートを折って、切り込みを入れて敷きます。

ドライフルーツの準備

好きなドライフルーツをラム酒で数日漬け込みます。何でも良いかというと、そうでもなくて、必須はレーズンです。普通のレーズンを中心に、香りが強い感じが欲しければ「カレンズ」を少し混ぜてもOK。後は、オレンジピール、クランベリー、黒いしっとりしたイチジク(小さく切って)も美味しいです。

レーズンは、ココナッツサブレで挟む。レーズンバターサンド で紹介した様に、熱湯をかけ、しっかり水気を取ってからラム酒に漬け込みます。クランベリーは、大抵オイルが付いているので、同様に処理した方が美味しいです。

小さくさいの目にカットしたアプリコットもお勧めです。トルコ産などの肉厚が良いです。漬け込まず、酸味が欲しいので生地に加えます。

材料

18cmの標準パウンドケーキ型 2台分

無塩バター 200g
グラニュー糖 100g
三温糖(無ければ普通の砂糖でもOK) 100g
卵(Mサイズくらい) 4個
薄力粉(ふるいにかける) 240g
ベーキングパウダー 6g
アーモンドプードル(富沢商店の品なら丁度1/2袋) 50g
ドライフルーツ 200gくらい
ラム酒 適量
パウンドケーキ

三温糖以外にもブラウンシュガーでもキビ糖でもOK。ちょっと上品な甘さ+コク?が出る感じがします。グラニュー糖を使うとスッキリした甘さに仕上がるので、お菓子には臨機黄変に白糖ではなく、グラニュー糖を使っています。

手順

自分のタイミングでオーブンを170度~180度に温めておいて下さい。(東芝の石窯ドームシリーズはちょっと温度が高めなので170度で使っています)

STEP
バターを混ぜる

バターを常温にしてクリーム状にし、砂糖を加え混ぜる。白っぽくなりフワフワな感じになればOK

STEP
卵を加える

溶き卵をフワフワになったバターに少しづつ加えては良く混ぜる。ここで分離した感じにしてはダメです。良く馴染ませて!成功のカギはココ。

STEP
粉を加える

卵が良く馴染みましたか?振るいにかけた薄力粉とベーキングパウダーを4-5回くらいに分けてしかり混ぜて。艶が出てくればOK。でも練る感じではなく、ヘラを使って切る感じに混ぜます。アーモンドプードルも加えます。

STEP
型に流す

ドライフルーツを加えて型に入れます。端までしっかり入れて下さい。膨らむ事を考えて8分目くらいまで入れます。フルーツが多すぎると溢れます。

STEP
焼く

オーブンで全部で40分程。表面が茶色になったら、真ん中にナイフで切り込みを入れると、そこからムクムク中が出てきて、比較的キレイに焼けます。
中身が出てきて山高になった部分が乾いて、周りがコゲそうなら、アルミホイルで帽子を被せて下さい。

STEP
確認

もう良いかな?と見た目で判断して、串を挿して何も付いてこなければ焼けています。大体40分くらいで、焼けるはず。

STEP
仕上げ

ペーパーを付けたまま、型から出して熱いうちに刷毛でラム酒を底以外に塗ります。熱いうちでないと染み込まないそうです。刷毛がなければ、リードに含ませてなぞってみるとか、スプーンでかけちゃうとか。

STEP
食べる

冷めたら、アルミホイルで包み、ビニール袋で保存。

すぐ食べても美味しいですが、3日くらい経つとしっとりしてきます。

冷凍保存も出来ます。好きな厚みにカットして、アルミホイルに1切れずつ包み、ジップロックに入れて冷凍します。油分が多いので、ラップは不可。自然解凍して食べます。10秒ほどチン♪するとバターの香りがより感じられます。

ぜひシェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる