グラスフェッドバター

芳醇な香り。グラスフェッドバター


グラスフェッドバター(Grass Fed Butter)を試した事はありますか?一時期、バターコーヒーが流行した際に耳にした方もいらしゃるのではないでしょうか?

日本では輸入物が大半の様です。成城石井ではフランス産ユーリアル社の商品が売られています。200gでは なんと2500円!ちょっと手を出しにくいですよね?

イオンのトップバリューでニュージーランド産のグラスフェッドバターが、100g 300円程で売られています。有塩しかありませんが、十分に楽しめます。コスパも良いですし、プチ贅沢とまではいきませんが、美味しい物は心を豊かにします。ぜひお試し下さい!

グラスフェッドバターとは、牧草だけで育てた牛のミルクから作ったバターの事です。一般的なバターは雑穀を与えた牛のミルクを使用しています。牧草だけで育てるのは大変ですし収穫できるミルクの量も少ないのです。

なんて美味しいの!グラスフェッドバターの方が、見た目には黄色がかなり濃く、口当たりがとってもマイルドです。そして香りが豊かです。なんて表現すれば良いのか分かりませんが、牧草から出来上がった自然な風味なんでしょう。なんとも心地が良い風味です。多分、沢山食べても胃もたれしない良質な油分なんだと思います。

私の場合は、シンプルにバターの味を感じたいのでトーストに罪悪感の10gをのせて食べています。もちろんポテトでも美味しく頂けますよ。