ぬか床 育てはじめました

ごはんのお供に、ぬか漬けって最高ですよね!夏に食べたくなる糠漬けですが、新米に備えてぬか床のスターターキットを取り寄せました。糠漬け初心者ではありませんが、このキットは冷蔵庫で育てるので管理は楽だと思います。

大阪の「おつけもの処高野」というお店の商品です。

創業1932年、大阪・四天王寺南大門近くに本店を構えています。なにわの伝統野菜を使った漬け物一筋。機械を使わず、熟練の職人が丁寧に塩をすり込み、秘伝の薬味をぬか床に沈め、手作りの味を提供。水茄子をまるごと浅漬けにしているのは、外側の皮と果肉には白ぬかの風味が、一口噛みしめるとたっぷりジューシィなたっぷり水気が甘く口いっぱいに広がるため。カット漬けにはない、深みのある味わいを楽しめます。また、残った白ぬかで野菜を漬け込むことも。

ぬか漬け

白ぬかを使用しているので、その通り白いです。匂いも少なく手に臭いがつきにくいので扱いやすいです。キメが細かい感じがします。冷蔵庫で保管している為、発酵のスピードが遅く、毎日混ぜなくても良いそうです。

ぬかには良い菌が沢山含まれているので、菌活できます。水ナスが最高に美味しいです。カブ、キュウリ、ニンジンなど、季節の野菜をつけます。なす、キュウリに黄色い練りからしを少し付けると美味しいですよ。お箸でチョンチョンと付けるだけです。

ぬか床は「カビが生えたら上だけ取り除けば大丈夫」と聞きますが、白いカビの場合は使えないそうです。総入れ替えの必要をしなければならないそうです。

ぜひシェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる