簡単!本物の愛玉ゼリー(オーギョーチ)

愛玉ゼリー

ブーム??夏はこれ!!クセになる食感の愛玉ゼリーにここ数年ハマっています。カルディコーヒーでオーギョーチゼリーの素が大々的に販売されていました。でも、あれって、ゲル化剤を使ったオーギョーチっぽいゼリーです。本物の作り方はとっても簡単!美容にも良いらしいので愛玉子が手に入る様であれば、ぜひ作ってみて下さい。

愛玉子って何?クワ科イチジク属のつる性植物で台湾固有の植物の種の部分です。愛玉子の「子」は種という意味だそうです。

目次

愛玉子の入手方法

  • 台湾に行く人にお願いする
  • 中華食材店で買う
  • Amazonで買う

レモンシロップの作り方

300cc
三温糖、きび砂糖、グラニュー糖などどれでもOK適量
砂糖適量
レモン果汁たっぷり

愛玉ゼリーを作る前にレモンシロップを作り冷やしておきます。

鍋に水を入れ、砂糖を溶かし、ひと煮立ち。甘さはお好みで良いのですが、冷やすと甘みが少なく感じるので、ちょっと甘めに作ります。

粗熱が取れたら冷蔵庫で良く冷やし、使う直前にレモンを加えます。酸っぱめが美味しいですよ。

なぜ砂糖を2種にするのか?砂糖だけではベッタリとした甘さになり、グラニュー糖ではさっぱりした甘さ。三温糖やキビ糖はコクが出ます。私は三温糖+砂糖+グラニュー糖で作る事が多いです。レモンを加えると、ちょっとレモンティーの様な色と味がします。

愛玉ゼリーの作り方

たっぷり2人分。台湾土産には倍の1リットルで書かれている事が多いのですが食べきれないので半分にしています。布の袋が付いている場合が殆どなので、次回は種だけ買えば使えます。

常温の水500cc
愛玉子10g
愛玉ゼリー

愛玉子のツブツブをお茶パックに入れ、布袋に入れます。(重ねたリードキッチンペーパーも可)一度お茶パックに入れる事で布袋を洗うのが楽になります。

皮だらけのメーカーもあるので、ツブツブしている感じの物がオススメです。

ボウルに入れた水の中で揉み揉みします。暫く揉むと水が黄色みを帯びて、トロミがついてきます。揉んだ時に出た空気で気泡が見える感じになったら終了です。常温で30分程放置すると固まります。

固まったら、生クリームをホイップする時の様に、氷や保冷剤を入れたボウルにゼリーをボウルのまま入れて軽く冷やします。

杏仁豆腐の様に、包丁で切って、レモンシロップを加えてさぁどうぞ!

愛玉ゼリー

やってはいけない事

  • ミネラルウォーターを使用
  • 冷蔵庫で冷やす。冷やしすぎる。

適度にカルシウムが入っていないと凝固しないそうです。軟水はダメです。水道水でOK。私は、浄水器を通した水を使用していますが、固まります。台湾では、一旦沸騰させて、冷まして使う様です。

冷蔵庫で冷やすと、水がでてしまい固くなってしまいます。

どちらも私がやってしまった失敗です。台湾の人に聞いて問題点が分かりました。

\この記事がお役にたったら/

広告を減らしサイトを見やすくする予定です

cocotiieの運営をサポートして頂ければ嬉しいです

「金額を入力」で1円から入力できます

ぜひシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次