国産檸檬で。万能調味料 塩レモンの作り方

塩レモンは熟成度で味の変化が楽しめる万能調味料。鶏肉や魚と相性が良く、簡単に作れるので、お勧めです。

今回は、国産レモンのワックス無しのレモンで作りました。今回は熟成を早めたかったので、粗みじん切りで作りました。輪切りでもなく、クシ切りでもなく、粗みじん。これは初の試みでしたが、上手くできたので、1ヶ月後の熟成度写真を追加しました。

目次

準備

殺菌済みの瓶 殺菌済みのスプーン
レモン 適量
あら塩 レモンの重さの10%~25%の量

作り方

  1. レモンを粗塩で擦って、汚れを取ります。ペーパータオルで水気を取ります。
  2. レモンを清潔なまな板か、ラップを敷いたまな板で粗みじんにする。
  3. レモンと塩を交互に瓶に入れます。(果汁が沢山出て、回収不能な場合は分量外のレモンを用意し、失った果汁分を足して)
  4. スプーンで混ぜます。
  5. 涼しい所に置き、1日数回 瓶を回し果汁が全体に行きわたる様にします。
  6. 3日くらいで冷蔵庫へ。
  7. たまに清潔なスプーンでかき回し、空気を抜いて冷蔵庫へ。

すぐに冷蔵庫に入れてしまうと塩レモンになりません。熟成しなくなってしまうそうです。過去にやってしまいましたが、いつまで経っても青くて酸っぱいままでした。

塩レモンは1週間後から美味しくなってきますが、1ヵ月経つと味が激変!たまに味見をして、好みの熟成度を探してみて下さい。4か月くらいが好きです。

3日目でかなり溶ろけてきました。気温が急に上がってしまい、不安なので比較的温度が高い野菜室に避難させました。1ヵ月でトロトロになり、酸味、塩気共にまろやかになりました。

塩レモン
塩レモン
1month

簡単レシピ

塩レモンドレッシング

塩レモン+酢+サラダ油+胡椒少々。玉ねぎのスライス、レタス、大根の千切りと相性が良いです。

お肉のソテー

鶏肉や豚肉に塩レモンを塗り込み、フライパンで焼くだけ。フルーティーな香りと酸味と塩気が良い感じになります。

何かにつける

焼肉や唐揚げにつけて食べても美味しいです。

ぜひシェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる